第4回 信州歌声サミット in 須坂 大歌声会終了しました。

秋の歌声サミット、感激の大成功でした。あいにくのお天気でしたが150名の方々と割れんばかりの声で二時間、よく歌いました。市原市から参加された「いちうたなかま」の皆さん有難うございました。
満員御礼申しあげます。


 

  第4回 信州歌声サミット in 須坂 大歌声会

  毎年恒例の「大歌声会」開催のお知らせです。
今年は須坂中央公民会(長野県須坂市大字須坂常盤町747−イ  TEL.026-245-1598)に於いて、午後2:00から開催いたします。
ゲストに千葉県市原市より「清水厚史といちうたなかま」の皆さんをお招きして大いに歌い、笑って楽しんでいただきたいと思います。
今回は「豪商の館 田中本家博物館」の見学や、「ぶどう狩り」も企画しています。田中本家見学の希望の方は12:00に須坂市中央公民館に集合してください。サミット終了後ぶどう狩りを行いますので、希望の方はお申し付けください。
※9月の歌声会は、中野ふーみん歌声会、高山一茶歌声会、須坂蔵の街歌声会は同時開催となります。
お問合せ:堀六平(080-1187-2951) 町田世話人(090-2917-7240)

第4回 信州かわせみ歌声会 歌声バスツアーのご案内

第4回目となる、歌声バスツアーのお知らせです。今回は「京都の旅」となりました。湯ノ花温泉「松園荘 保津川亭」は、男女8つの露天風呂をはじめ、天然温泉と季節に応じた京都の味覚が楽しめるお宿です。旅行の行程、お申込みについてはこちらのチラシをご覧の上、各歌声会の世話人にお申し付けください。旅行行程は変更になる場合がございますので、ご了承ください。募集締め切り日は5月15日となります。締切り日前でも定員に達した場合は、募集を終了する場合がございますので、お早目にお願い致します。旅のチラシ



第三回 房総市原・信州交流サミット「大歌声会」終了しました。

皆様のおかげで我らの文化祭というべき「第三回信州歌声サミット」が、千葉県の市原市から歌のお客様「いちうたなかま」の皆さんをお迎えして、盛大に開催、大成功に終わりました。有難うございました。 歌声の仲間達の大きく美しい声が全国各町々で村々で響けば素晴らしい・・としみじみ思いました。 制作に当たって関係の皆様方に改めて御礼を申し上げます。
当日の写真はこちらをご覧ください

行ってきました。東伊豆歌声バスツアー。

第三回 信州かわせみ歌声会のバスツアーは、6月20日(金)〜21日(土)総勢33名の皆様と共に無事に楽しい旅を終えました。宿では私たちの歌声に誘われて、宴会場に別の団体のお客様が紛れ込むといった、愉快なアクシデントもありました。とくに夏の旬を迎えた金目鯛の料理はとっても美味しかったです。歌って、見て、食べて、有意義な旅でした。
ご参加くださいました皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。

 第三回 房総市原・信州交流サミット「大歌声会」のご案内。

千葉県市原市の「いちうたなかま 歌声サミット実行委員会」のご協力により、2012年に長野市松代文化センターで第1回の歌声サミットが開催され、市原市から多くの方々が参加して下さいました。2013年5月には千葉市原ユーホールに於いて第2回目として開催され、信州かわせみ歌声会から40名が参加させていただきました。市原市の方々の暖かい歓迎の中、歌声会は大成功でした。そして第3回となる今年は、市原市の皆様をお迎えして松本市ピカデリーホールで開催することとなりました。
日 時:平成26年9月7日(日) 午後1:00〜4:00
会 場:松本ピカデリーホール
会場費:1500円
お問合せは、電話(六平)080-1187-2951

右の画像をクリックして拡大してご覧ください。


 第三回 信州かわせみ歌声会 バスツアー参加者募集のご案内。


いつも歌声会にご参加いただき、誠にありがとうございます。
堀 六平の「お話音楽会、歌声喫茶」の開催一千回突破を記念して、伊豆稲取温泉の豪華ホテルで歌声会を開催し、美味しい料理と美しい風景を楽しんでいただくバスツアーを行います。
本来は、昨年の大雨で大災害に見舞われた伊豆大島町に、皆様の深く暖かい思いを届けようと慰問ツアーを予定していました。しかし大島町側の受け入れ態勢が難しいことや、この時期の船便が少ないことなどもあり、検討の結果今回は見送りとさせていただき、親睦バス旅行となりました。皆様のご参加を心よりお待ちしております。
詳しい内容は右の画像をクリックしてご覧ください。

参加ご希望の方は、電話(六平)080-1187-2951
または、何でも掲示板フェイスブックのメッセージメールにてお知らせください。
なお、〆切期日前でも定員になり次第募集終了とさせていただきますのでご了承ください。

 堀 六平 活動45周年を記念 「人情の唄」コンサート 木曽路巡礼
 たくさんの皆さまのご参加ありがとうございました。


堀 六平のおはなし音楽会・45周年記念の音楽会第一弾「木曽路巡礼」が、豊科歌声会の主催で開かれました。場所は安曇野市「きぼう」ホール、小さいホールでしたがキャパいっぱいの百五十人以上の皆様にお出かけいただきました。お客様方、制作関係各位の方々、色々有難うございました。これから各地で聞いて頂きます。

 堀 六平 活動45周年を記念 「人情の唄」コンサート 木曽路巡礼
 平成25年12月12日(木) 安曇野市豊科 「きぼう」ホールにて開催。


チラシの詳細はこちらをご覧ください。

 堀六平の音楽活動も早いもので、45周年を向かえることになりました。こうして活動を続けてこられたのも、音楽や様々な活動を続ける中で、巡り合った方々の応援や、ご協力のお陰だと心より感謝しております。
 今回45周年を迎えるにあたり、皆様への感謝とお礼の気持ちを込めて、「人情の唄」コンサート 木曽路巡礼 と題して、六平が大切にしてきたふるさとの心の歌を、皆様にお届けいたします。
期日/平成25年12月12日(木)
時間/開場12:30 開演13:00
場所/安曇野市豊科「きぼう」ホール
   (豊科近代美術館隣)
入場料/当日券 2,800円 前売券 2,500円
なお、当日は第2部として、豊科歌声会の12月例会も開催いたします。チケット料金に歌声参加費も含まれておりますので、ご希望の方は是非ご参加いただき、一緒に大声で歌いましょう!

詳細についての問合せは、以下の担当者までお願いいたします。
制作集団「木戸の水車屋」伊藤(090-3407-6705)
 

信州かわせみ歌声会 復興祈願特別企画 「いわきの被災者を歌声で応援する旅」
11月8日(金)・9日(土)のご報告。

歌声会の旅の企画第2回目は、復興祈願特別企画 「いわきの被災者を歌声で応援する旅」と題し、11月8日(金)・9日(土)の1泊2日の旅を終えました。今回は総勢55名のバスツアーとなりました。
小名浜「いわき・ら・ら・ミュウ」の特設会場で行われた歌声会も盛会に終わりました。
バスの中でも皆さんの元気な歌声が響き渡り、楽しい旅の思い出がまたひとつ増えました。
参加された皆様、お疲れさまでした。
そして今回の旅行でご協力いただきました関係者の皆さま、ありがとうございました。
楽しかった旅の写真はこちらにアップいたしました。

 信州かわせみ歌声会 復興祈願特別企画 「いわきの被災者を歌声で応援する旅」
 11月8日(金)・9日(土)開催。参加者募集のお知らせ。

 歌声会を通じて皆さまと様々な交流をしていきたいと、歌声音楽会の初めての試み、2013年5月20日の「歌声バスツアー」は、千葉県の市原市の第2回「信州・房州・歌声交流サミット」に参加させて頂き素晴らしい大会となりました。また、歌声音楽会を通じ知り合った仲間たちとの交流を深める良い機会でもありました。
 バスツアー企画の第2弾として、東日本大震災の一日も早い復興を願い、絆の輪を広げ、もっと日本を元気にしたいという願いを込め、信州かわせみ歌声会 復興祈願特別企画「いわきの被災者を歌声で応援する旅」を企画しました。たくさんの皆様の参加をお待ちしています。 詳しい行程などはこちらのチラシをご覧ください。

 ★ピカデリーホール専属劇団「うたかた」 
  第10回公演★(週刊まつもと掲載記事)

「放浪記」の作者 林芙美子の半生記 「太鼓たたいて笛ふいて!」 作:井上ひさし 作曲:堀  六平 ピアノ、三嶋ひとみ ギター、合津征樹 演出:堀内 博 連日、熱いご声援をいただき無事公演を終了いたしました。公演の様子が、週刊まつもとに掲載されました。記事の内容はこちらからご覧いただけます。

  千葉県市原市「第2回歌声サミット」ご招待の御礼(25年5月20日)

  昨年は長野市松代文化センターで第1回の歌声サミットが、開催されました。 その際に千葉県市原市から多くの方々が参加して下さり、初の交流サミットとして約400名満員御礼の大会でした。 今回は第1回の御礼となるサミットで、千葉市原ユーホールに於いて第2回目として開催されました。 私達40名は雨風の中、朝6時に出発して会場に無事到着、市原市の方々の暖かいお迎えを頂き感動しました。 会場は約400名の満員御礼、大盛況でした。
 特別サプライズとして市原の佐久間市長さんと、 信州出身の小沢美佳市会議員さんが駆けつけてくださり激励を受けました。 大会は終始和やかで市原の世話人の清水厚史さんの軽妙な司会の下で大声で歌い、笑い、楽しい交流のひと時を過ごさせて頂きました。市原の皆様、本当に有難うございました。         
 主催してくださった市原市の「いちうたなかま 歌声サミット実行委員会」の皆さんや、関係者の皆さんのご努力にここから敬意を表し御礼とします。
                                                  (事務局、上條、伊藤、合津、嶺山)



 ★ピカデリーホール専属劇団「うたかた」 
  第10回公演★(25年5月17・18・19日)

「放浪記」の作者 林芙美子の半生記 「太鼓たたいて笛ふいて!」 作:井上ひさし 作曲:堀 六平 ピアノ、三嶋ひとみ ギター、合津征樹 演出:堀内 博 連日、熱いご声援をいただき、公演を終了することができました。 ご来場いただきました皆様、応援してくださった皆様、誠にありがとうございました。 出演者、スタッフ一同 御礼申し上げます。 この作品は「放浪記」で有名な林芙美子の半生を劇化したもので、 昭和の戦争時代を背景に葛藤する芙美子とその仲間たちの涙と笑いの音楽劇の大作です。 今回、堀六平がこの作品の挿入歌を書き下ろし、「堀六平とそのチーム」が演奏しました。 芝居の様子はこちらをご覧ください。


芝居の様子はこちらをご覧ください。


「歌声バスツアー終了のお知らせ」

歌声会を通じて、皆さまと様々な交流をしていきたいと企画した、歌声音楽会初めての試み「歌声バスツアー」が無事に終了しました。歌声仲間達40名で千葉県の市原市にお邪魔して、第2回「信州・房州・歌声交流サミット」に参加させて頂きました。
代表世話人の清水さん、各役員の皆さん、そして市原市はじめ千葉県各地の歌声会員の350名の皆様方の熱烈な歓迎をいただき、素晴らしい大会となり大成功でした。また、市原市の佐久間市長さん、小沢美佳市会議員がお祝いと激励に駆けつけて下さりました。
この活動は全国各地の中高年層への、大きな社会福祉貢献にもつながっております。各地で「歌声喫茶」を開いている皆様方も是非参考にしていただきたいと思います。もう一度関係各位に御礼を申しあげます。ありがとうございました。
バスツアーの様子はこちらにアップしました。

 

井上ひさし 作 「太鼓たたいで笛ふいて!」お陰さまで無事終了しました。

★ピカデリーホール専属劇団「うたかた」 第10回公演★
「放浪記」の作者 林芙美子の半生記 「太鼓たたいて笛ふいて!」 作:井上ひさし 作曲:堀  六平 ピアノ、三嶋ひとみ ギター、合津征樹 演出:堀内 博 連日、熱いご声援をいただき、公演を終了することができました。
ご来場いただきました皆様、応援してくださった皆様、誠にありがとうございました。 出演者、スタッフ一同 御礼申し上げます。 この作品は「放浪記」で有名な林芙美子の半生を劇化したもので、 昭和の戦争時代を背景に葛藤する芙美子とその仲間たちの涙と笑いの音楽劇の大作です。 今回、堀六平がこの作品の挿入歌を書き下ろし、「堀六平とそのチーム」が演奏しました。